[七尾店]

懐かしい家

故郷を想わせる懐かしさ。
のれんをくぐると「おかえり」と、迎えてくれそうな雰囲気。
ここは能登半島、七尾、一本杉通り。

七尾一本杉通り
1606年、前田利家公が七尾城主の折からの歴史を持つ通りにあります。
歴史ある通りにどっしり
創業80年のしら井は趣きを大切にし地に根ざす店づくりを続けます。(設計:高木信治建築研究所)
昭和20年ごろの一本杉通り
写真は昭和29年発行「岩波写真文庫能登」より
一本杉手ぬぐい
通りの仲間と暖簾や手ぬぐいなど通りの顔、店の顔づくりを行っています。

一本杉手ぬぐい

一本杉通りの商店仲間と「東京代官山かまわぬ」さんで、オリジナル手ぬぐいを作りました。
当店は「昆布巻」を図柄にヨロコンブ手ぬぐいを作りました。
「喜ぶ」に通じ、昆布の別名が「ひろめ(広布)」とも言われることから立身出世への縁起のいい願いが込められております。

*

[店内]

くつろぎの間

通りの喧騒から離れ、なにもしないぜいたくな空間。
故郷の土間に戻ったような心を休めるひととき。
もう一人の自分を見つめてください。

ミニギャラリー玉藻
店内一角には、地元作家を中心にした交流、発表の場を設けております。出展されたい方のご連絡もお待ちしております。(出展・入場無料)

>>>イベント情報はこちら

店内(1階)
中央の吹抜けの下、ゆっくりとご覧ください。
店内(1階)
陳列は自己流でございますが、心を持った品々のミュージアム。
お休み処「汐たまり」
併設してお休み処もございます。お気軽にお立ち寄りください。

*

昆布資料展示コーナー

七尾店の二階には、昆布にまつわる品々の他、店主が集めた古き良き時代の道具や骨董などを陳列展示しております。
興味がございましたら、昆布ロードが運んできた歴史や文化に触れながら、しばし心を馳せてお楽しみください。

手削りこんぶ実演

ご要望に応じ実演も行います。(事前にご確認ください)

道具

物を言わない道具たちですが、ドラマを語る力が宿っています。

船金庫

長い航海の北前船には船金庫など貴重な手技仕事があります。

二階和室

大きな和室広間もございますので団体様もお立ち寄りいただけます。


海藻おしば

吹抜けの天井の下、磯舟一艘分の底板をまるまる一枚を使ってテーブルにいたしました。
隣接の海の森ギャラリーと合わせて、海のメロディーが奏でるゆったりしたひとときをお楽しみください。
昆布海産物處しら井

七尾店


石川県七尾市一本杉町百番地
営業時間:午前9時~午後6時30分
定休日:第2・第4火曜日
Tel: 0767-53-0589 / Fax: 0767-53-3899
e-mail: shirai@giga.ocn.ne.jp

▲ページTOPへ